横浜市で改善率80%以上の実績をもつ本田健一鍼灸堂

本田健一鍼灸堂


腰痛

腰痛について

youtuu.jpg腰という漢字は「にくづき」に「かなめ」と書くように、腰は人体の中心に位置し、体を支えたり、動かしたりする要となるところです。
二足歩行の人間は必然的に腰にかかる負担が大きくなり、それによる障害が多くなります。

腰痛と一口に言っても、ギックリ腰や急性椎間板ヘルニアなどの急性症状、脊柱管狭窄症、腰椎分離症、腰椎すべり症、慢性椎間板ヘルニアなどの慢性症状、疲労によるものや女性は生理のタイミングに起こるものなど様々であります。

腰痛の原因として、腰椎や骨への障害によるものなのか、筋肉の障害によるものなのか、体を動かす時に痛むのか、同じ姿勢でいると痛むのか、腫れや熱感はあるのかなど総合的に判断して、治療法を決定していきます。

腰痛の治療

腰痛を引き起こすもとには、運動不足や老化による腹筋の衰え、骨盤の歪みからくる腰部への負担などが大きく関係しています。
そのため、腰痛の治療においても当院では鍼を使った骨盤調整や腹部のツボを使った腹筋の強化などを取り入れております。

腰部の緊張を緩めるために、背部や仙骨部、脊椎の際の緊張の処理が重要となりますが、膝の裏やアキレス腱にかけての緊張を緩めることも非常に重要となってきます。

経絡の流れに沿って遠隔的に手足のツボを使い、緊張の緩和の有無、腰の動きなども確認しながら治療を進めていきます。

また、筋力の衰えは慢性的な腰痛にもつながりますので、ご自宅でできる運動療法や食生活のアドバイスなどもさせていただきます。

ギックリ腰

ギックリ腰とは急性腰痛症のことで、突然腰部に疼痛が走り、その痛みは程度にもよりますが、ひどい時は動けないほど激しいものになります。
欧米の方ではその突然の激しい痛みから「魔女の一撃」とも呼ばれています。

考えられる原因としては、筋膜の損傷によるもの、椎間板軟骨の骨膜損傷によるもの、腱や靭帯の損傷によるものと3つのパターンがあります。

筋膜の損傷によるものは、腫れや熱感、圧痛が顕著で筋肉の緊張も強いです。
東洋医学的には筋膜は五臓(肝・心・脾・肺・腎)のうち筋肉を司る脾との関連があり、腰部の圧痛の処理や脾経のツボを使った治療を行います。

椎間板軟骨の骨膜損傷によるものは腰を反らせる動きで痛みが強く、体を伸ばすことができず前傾姿勢になりがちです。
東洋医学的には椎間板軟骨などは骨を司る腎との関連があり、棘突起間や脊椎の際の緊張の処理、腎経のツボを使った治療を行います。

腱や靭帯の損傷によるものは体を動かした時に出る動作痛で、特に腰をかがめる前屈ができません。
東洋医学的には腱や靭帯など筋肉を動かす際に影響してくるところは肝との関連があり、腰を動かした際に痛むところや脊椎の際の緊張の処理、肝経のツボを使った治療を行います。特に肝経のツボは腰を動かしてもらいながら抜き差しすると効果がわかりやすいです。


本田健一鍼灸堂のご案内

住      所:
〒220-0055
横浜市西区浜松町8-22 ストーク西横浜
アクセス:
相鉄線「西横浜駅」徒歩5分
京急本線「戸部駅」徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
045-309-6584
診察時間:
【平日】
9:00~12:00
14:00~19:00
【土曜】
9:00~12:00
14:00~19:00
【日祝】
9:00~12:00
休診日:
木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ