横浜市で評判の、土日祝日も営業している本田健一鍼灸堂。

本田健一鍼灸堂


婦人科疾患

月経異常

hukutuu.jpg月経痛(生理痛)とは、月経時あるいはその直前から起こる腹部の痛みや腰痛などが一般的ですが、頭痛、イライラ感、吐き気、肩こりなど、その症状は人によって様々です。それらの痛みがひどく日常生活に支障をきたすこともあります。

これといった病気がないのに痛みがひどい状態を機能性月経困難症と言います。考えられる原因としては月経時の子宮の収縮、ホルモンバランスの乱れ、自律神経の失調、骨盤内の血行不良、冷え、精神的ストレスなどがあります。

月経時に子宮内膜で作られるプロスタグランジンというホルモンの関与も指摘されています。お産の時の陣痛もプロスタグランジンによるものですが、このホルモンは子宮を収縮させる働きがあり、経血を押し出すときに過剰に分泌されれば痛みを引き起こしてしまいます。

その他、子宮筋腫、子宮内膜症、骨盤内の炎症などの病気が原因で起こるものを、器質性月経困難症と言い、このような場合は原因となる病気の治療が必要になります。

また、成人女性の月経周期は25日から38日が生理的範囲とされ、日数は3日から7日が正常とされています。これを正常範囲から著しく逸脱している状態は周期異常とされます。

月経異常の治療

月経異常を東洋医学的に五臓(肝・心・脾・肺・腎)の変動(気や血の乱れ)として診ていきますと、生理のはじまりやその前から痛むものは肝の変動、終わりにかけて痛むものは腎の変動となります。

したがって、まずは肝や腎の気血の廻りを良くするところから治療を始めます。

治療でよく使われるツボとしては三陰交、陰陵泉、水泉、太谿などが代表的でありますが、これらのツボは刺鍼の他、お灸もとても効果的です。

骨盤内の血行不良も月経異常の原因となりますので、骨盤の位置の異常が起きている場合は鍼を使って骨盤調整をし、血行不良や冷えを改善させることが大事になります。

また、骨盤周囲の緊張を緩めるために、仙骨部や脊柱の際の緊張を取ることも非常に重要となります。

子宮筋腫

子宮筋腫は主に子宮筋層内の平滑筋から発生し、エストロゲンという女性ホルモンによって発育する良性腫瘍です。

婦人科の疾患の中でも非常に多く、その発生頻度は30歳以上の女性で20~30%と言われています。閉経時にピークを迎えますが、閉経後はその数は激減していきます。

顕微鏡的な小さなものから成人の頭ほどの大きさのものまであり、そのほとんどが子宮体部に発生しますが、希に子宮頸部にも発生します。

症状としては過多月経とそれに伴った貧血症状や月経困難症を招いたり、筋腫が大きくなると下腹部の圧迫感も自覚することがあります。

また、不妊症や流産の原因ともなります。

東洋医学的に診ますと子宮筋腫は淤血(流れが悪く滞りがちな血液)によるものが多いため、その治療としては、血を蔵す肝の気血の巡りの改善と淤血の処理が重要となります。

本田健一鍼灸堂のご案内

住      所:
〒220-0055
横浜市西区浜松町8-22 ストーク西横浜1階
アクセス:
相鉄線「西横浜駅」徒歩5分
京急本線「戸部駅」徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
045-309-6584
診察時間:
【平日】
9:00~12:00
14:00~19:00
【土曜】
9:00~12:00
14:00~19:00
【日祝】
9:00~12:00
休診日:
木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ