横浜市で改善率80%以上の実績をもつ本田健一鍼灸堂

本田健一鍼灸堂


頭痛

頭痛について

zutuu.jpg頭痛には様々な原因がありますが、慢性的に起こるものの代表的なものに偏頭痛と筋緊張性頭痛があります。

風邪などの熱による頭痛、二日酔いからくる頭痛など、日常的に起こる頭痛は原因が改善されれば頭痛も治まりますが、うつ病などの精神疾患による頭痛、他の臓器の病気からくる頭痛などは、まずは原因となっているその病気の治療が先決となります。

また、くも膜下出血や脳出血などの脳の病気に伴う頭痛もありますが、この場合は急激に激しい痛みが起こり、生命にかかわることがありますので、いつもの頭痛とは違うなと感じた場合は医師の診断が必要になります。

偏頭痛の治療

偏頭痛は一般的に発作性で脈動性の痛みを特徴とします。悪心、嘔吐、イライラ感、めまいを伴うこともあり、光や音に対して敏感になります。

頭痛の場所は目の奥から頭のてっぺんを中心に頭頂部や側頭部が多いですが、後頭部から頭全体に及ぶこともあります。

東洋医学的には、偏頭痛は血を蔵す肝や心がたかぶり、血流が頭に登ってしまっている状態ですので、まずは肝経や心経の気血の巡りの調整を行います。頭部や頚肩部にはなるべく鍼数が多くならないように気をつけ、深く刺して留めるようなことはしません。

骨盤周囲の緊張を処理し、鼠径部や足のツボを治療ではよく使いますが、血を下に引くことが重要となります。

筋緊張性頭痛の治療

筋緊張性頭痛は、慢性頭痛の中で最も多く、頚肩部から頭部にかけての筋緊張によって気血の廻りが滞って起こるもので、その痛みは偏頭痛のような脈動性ではなく、持続的な痛みを訴えます。肩こりや首こり、目の疲れ、めまいなどを伴うこともあります。

東洋医学的に診ても、筋緊張性頭痛はどの五臓の変動でも起こりえますので、まずは問診、脈診、腹診を通して、変動している経絡(気血の流れる道)を見極め、気血の廻りを調整していきます。

頭部や肩、首周りはたくさんの経絡が通っていますので、頭痛の場所を捉えて、手足のツボから遠隔的にも治療を行い、頭痛の軽減を確認していきます。

また、肩こりの治療と同様に頚椎や胸椎の際の緊張の処理や骨盤周囲の緊張を処理し、体のバランスを整えることも重要となります。

本田健一鍼灸堂のご案内

住      所:
〒220-0055
横浜市西区浜松町8-22 ストーク西横浜
アクセス:
相鉄線「西横浜駅」徒歩5分
京急本線「戸部駅」徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
045-309-6584
診察時間:
【平日】
9:00~12:00
14:00~19:00
【土曜】
9:00~12:00
14:00~19:00
【日祝】
9:00~12:00
休診日:
木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ