横浜市で評判の、土日祝日も営業している本田健一鍼灸堂。

本田健一鍼灸堂


院長日記

鍼灸医学の歴史

更新

鍼灸治療はいつから行われていたのでしょう。その歴史について少しご紹介します。

5千年ほど前の中国において、夏、殷、周の時代には、病気に苦しむ人を撫でたり、さすったりする仁術という手当が行われていました。

そして、2千数百年前の春秋戦国時代には、それまでの医行為が書物に書き残されるようになりました。

前漢時代と後漢時代には鍼灸の三大古典と言われる、素問、霊枢、難経という書物が著されて鍼灸医学の源流が確立されました。

尚、揚子江流域で起こった湯液(漢方薬)を中心とする治療は、六朝時代から盛んになり、随唐時代になると、鍼灸と湯液の両医学が交流して発展を続けました。

我が国には、奈良時代より、仏教の伝来と共に鍼灸や湯液が伝えられ、平安時代には非常に栄え、江戸時代になると、脈診や腹診を中心とした日本独自の治療方法が開発され、隆盛を極めました。

しかし、明治時代になり、日本政府は富国強兵を急ぐあまり、医学に限らず、教育、文化の広範囲に渡って欧米の文化を取り入れ、東洋独自の文化が隅に押しやられ、医学も現在の西洋医学が支配的になりました。

そのため、湯液を専門とする漢方医はほとんど絶滅してしまいましたが、鍼灸は医療の主流から外されたにもかかわらず、絶ち消えることなく存続し続けました。

昭和になって西洋医学の治療だけでは満足できず、再び東洋医学の良さが一般に認識されはじめ今日に至っています。

2018年02月22日 更新

院長日記新着記事一覧

おいしい玄米の炊き方
玄米はビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富に含まれており、人間が健康を保つために必要とされる栄養素をほとんど摂取できる栄養満点の食べ物で、完全栄養食と言われています。玄米を主食と...
2017年09月01日 更新

本田健一鍼灸堂のご案内

住      所:
〒220-0055
横浜市西区浜松町8-22 ストーク西横浜1階
アクセス:
相鉄線「西横浜駅」徒歩5分
京急本線「戸部駅」徒歩10分
お問い合わせ・ご予約
045-309-6584
診察時間:
【平日】
9:00~12:00
14:00~19:00
【土曜】
9:00~12:00
14:00~19:00
【日祝】
9:00~12:00
休診日:
木曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ